ぼっち活は流行ってるけど歴女二人旅。

こんにちは!Teslaです。

 

有言実行〜。

 

という事で昨日の続きです。

倉賀野城から倉賀野神社へ。

 

歴女先輩が倉賀野神社行くよ!

って事で、あっという間に城址で必要な所を写真撮って退却!

 

f:id:tesla777:20181211144831j:image

撮ってあげてばかりで自分の写真は無し!

そんな日々〜😅

 

私は、倉賀野神社行こうか?諏訪神社行こうか?

迷いました。

金井は諏訪神社武田信玄の命により倉賀野に造りましたからね。

ですが、本拠地 諏訪神社へ夏にいったばかり。

せっかくなので、地元の氏神様でもある倉賀野神社へついて行く事にしました。

 

f:id:tesla777:20181211145337j:image

 

倉賀野家代々崇拝していた倉賀野神社です。

金井淡路守が本殿を修復したと記されていて、

本殿をくるーっと回って見てきました。

 

素晴らしい彫刻の数々。

こちらに伝わるヘビ伝説等々ありますけど

長くなるので省略😅

 

敷地内には、冠稲荷、天神様、大黒天様もいらっしゃる。

予想以上にあれこれ見て回りました。

 

倉賀野って、倉賀野宿のイメージが強かったんですが、知ると色々出てきますね。

だから面白い!

 

そうそう!

せっかく来たからこれを。

Tesla御朱印頂き部。

ソロ活してゴメン!

f:id:tesla777:20181211150346j:image

待ってる間に、巫女さんからお話を聞いたりしてね♪

とても素敵な時間が過ごせました。

 

豊臣秀吉小田原征伐時、北条についていたご先祖は小田原で籠城。

早川口の守備についてました。

戦に敗れた北条は小田原を開城、先祖様はその数日後亡くなりました。

その後、徳川の時代になると倉賀野城は廃城となりましたが、廃城後の1734年に淡路守の子孫が神社に扁額を奉納。

その裏面には「武運長久と子孫悠久の守護をいただきますように」って刻まれているそうです。

お陰様で守られてます。

と感謝をお伝えして来ました。

 

さて

神社仏閣好きですか?

私は歴史に因んだ所から入り

色々お参りして来てまさした。

 

が!武田神社に行けてない♪

行きたい病にかかってます。

信玄餅食べに行こ〜!!

と呟いておきます。

 

神社のつぎはお寺かな?

お腹空いたし倉賀野で有名なアレ?食べる??

という事で

続く〜♪